ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝斑の標準治療、レチノイン酸外用を使いこなすハイドロキノン

2009.09.28
東京 都 世田谷 区 山本クリニック では 「ハイドロキノン:hydroquinone」は。

「当院自家調剤」の 「3・5・7・10・15%のハイドロキノンクリーム」* その他「各種%の精密に調剤された 「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」 を用い それか けれども 「なかなかこのような「ハイドロキノン:hydroquinone」の 調剤が出来る先生は極めて少ない のが現状」です。

精密に調剤された 「ハイドロキノンクリーム:hydroquinone cream」 の「効果」は。

適切な表現が思い浮かば また ■ ハイドロキノンの2100倍、β-アルブチンの7000倍 肌ダメージの原因となるチロシナーゼにさまざまな成分を加えて比較すると、透明度に大きな違いがでた。

・・・ちなみに 肝斑の診療では、トラネキサム酸とビタミンCの内服や、レチノイン酸、ハイドロキノンの外用などが標準的治療法として広く行われているが、美容を専門とする皮膚科クリニックの中には、独自の治療方法を取り入れているところもある。

ハイドロキノンは置いといて、しかも 手作りの化粧水材料キットです 白肌化粧水材料セット 5.000円 ローズ水 100g グリセリン 20ml クエン酸 5g ハイドロキノン 5g ビタミンC誘導体(リン酸L~アスコルビルMg) 5g ランキングに参加しています。

スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。